2009年03月10日

3/8Gvレポ

ここ数日で少しずつ日差しがあったかくなってきました。
冷たい風の厳しさも和らいできて、春の訪れを感じさせます。
でもやっぱり、朝と夜は寒いですねぇ。
油断したときに限って、風邪を引くものです。
ご注意くだされー。



▼ 3/8Gvレポ

SNK連で参加をしました。
所属は天使か悪魔か。
当日傭兵が中心になり、8名前後で後ろからの遊撃と小封鎖がメインになりました。
そんな任務だったので、メインの封鎖ラインをほとんど見ていません。

さらに開幕の瞬間、ご飯を作ったり食べてたりで
実はスタダしたのか見てませんでした。ゴメンナサイ。

そんなこんなで箱庭連さんが攻めてきてたのですが、
砦前の箱庭さんの養子アコが見えた後にご飯を急いで食べてたので開幕は見てませんでした!



結果は、A1左守護石で90分防衛し、城門もあけずに守りきれました。
以下は感じたこと。


防衛側で気になったのは、AZ(Absolute-Zero)の運用かなーと。
というのも、遊撃中心で、メインラインには数回しか立ち入ってなかったのですが、
遊撃中にAZの復帰姿を多く見受けました。
AZの復帰が多いってことは、メインラインを比翼1Gで支えてるのかって、
メイン大丈夫かなーって思ってました。
守りきれてることからも、終始大崩れすることはなかったようですが、
AD(天使か悪魔か)のEMCが、メインライン少ないときはメインで飛んできて、
遊撃のときは背後をつく形でと、緩急がついてたので、そこに助けられた感はあります。
結果的にですが、遊撃もAZの復帰と上手く連携取れたりした点はとてもよかったと思います。
けど、メインライン死守に重きを置く方が何かといいと思うのです。
守護石が割れてもバリケードがあるとはいえ。ね。

そして、崖下にジークを出す防衛法は、
後衛を前に晒しやすいので、ジークPT以外はかなり落ちやすいポイントだと思います。
そこにAZを配置していると復帰が多くなるのも頷けます。
復帰が容易じゃない分、ジーク背後の崖に上って、基礎固めを中心にすると、
崖上でも火力密集地はカバーすることができるので射程面でも問題ないし、
ジーク地帯が破られたり危険になっても、崖上の機能が最低限残れば
比翼のEMCから押し返す原動力にもなると思うので、
指揮官の意図がどうだったかはわからないのですが、
AZの配置を崖上ないしは、ジークポイントから離れた後方にした方が
保守的な防衛ラインで、結果的に硬くになるかな。と思ったりしました。

それを含めて地形を有効に使った配置と遊撃の方向を意識すると、
同盟Gを効果的に運用できるかなーと思います。

そして遊撃(後方)の効果がでてるのか、
メインラインを同時に見てないのでわからないところはあります。
かなりつっついたり、戦力分散をさせれたので
こちらの視点ではそれなりに成功してたと思うんですけど
AZの復帰が混じってもさすがに10人前後の遊撃なので、ライン壊滅まではできるはずもなく。
メインラインにどこまで貢献できてたかと言うのは、遊撃時のメインラインの方か、
遊撃を受けた箱庭連さん側にしかわからないところがありますね。
遊撃人数以上の効果はあったと思うのですけどー。

あの地形はなかなかか攻め側にとって窮屈でまとまりにくいので
そういう意味でも前から後ろからという遊撃の形態は有効だったと思います。
後ろからの遊撃は、今回10人以下でもそれなりにつつくことはできました。
メインラインに支障がでないレベルで背後遊撃の人員も確保できるとよりよい防衛になりそうですね。
地形的に、前衛はメインラインから行く方が効果的です。
後衛は後ろから細道を封鎖しつつ相手を遅延+たまってるところにちょっかいを出してテンポかく乱。
という役割分担になるのかな。
とはいえ、SNK連さんのようにWizが豊富でないと、Wizの遊撃はなかなか出せないと思う!



攻め側の方は、メインラインにあまりいなかったのでおおまかなところでは、
火力分散、LPの押し上げ、火力投入の、タイミングがかみ合ってなかった印象を受けました。
あとは、ここでEMCされてて攻め込まれたらまずいかなーって思うところで次が続かなかったり。
地形と遊撃がきいてる部分ではあるのかと思いますけどー。

あとは遊撃に釣られて、かなりの人員がLP進行して遊撃を下の方までつぶしに来たときは、防衛側の思う壺かなと思いました。
勘違いしがちなのかもしれませんが、遊撃の狙いは倒すことではありません。
テンポを乱すこと、何より戦力分散が狙いです。その結果倒せれば遊撃としては最高の結果でしょうけど。

で、
その遊撃対策に人員を裂きすぎると、チャンスに踏み込めずつぶしたり、
メインラインを崩せないという、防衛側の術中かもです。
封鎖点と、相手のメインラインの火力限界線や遊撃ルートが作戦書レベルで示せてると、
戦力分散を最小限に抑えられると思います。




そして個人反省点。
遊撃としてはなかなか上手く行ったんじゃないかなあと。
その中で魔法的な反省点は、FWが甘かったのと、QMはもうちょっとがんばれたと思うし
特にプラギがない状態での立ち回り、魔法の選択に、まだまだ改善が必要かな。

プラギがないときは無理せず、一撃離脱スタイルで相手の戦力分散狙い。
プラギをもらった状態では、遊撃という立場なので、
一撃離脱より、死ぬまで魔法を撃ち続けるスタイルで、かなり強引な魔法の通し方もしました。
普段はあそこまで強引に行かないと思いますけどねー。
以前はあれぐらい強引な通し方をしてたりしたけど、今は結構保守的なんです!

あとはもっと、EMCの位置に沿った動きをできればいいなと思いました。
遊撃と言う点に重きをおきすぎたかなあ。と。
EMCの位置からEMCをうった人の意図や指揮官の意図をもっと汲み取らないとなあ。



▼ コメントレス

・みこちゃん
全略


・ぶりたん様
はじめましてー。
チェイサーは夢広がる、想像も広がる。
想像はとてもいいことなのです。

想像は原動力なんです。
いろいろ考えて楽しむからこそ、レベリングとか、Gvについてとか、
動きについて考えたりできるだと思ってるんです。

これからもよろしくお願いしますー。


posted by ひめくり at 22:58| Comment(0) | Gvレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。