2009年05月28日

5/24Gvレポ

先日は体調を崩し寝ておりました。
調子がよくなって起きてからは、相方さんとすぱのびを育ててました(*'-')

ということでレポレポ。

開幕は様子見から。
偵察の結果ほぼどこかしらでガチがあり、Aは重くNは軽い。
攻め先はA2以外なく、また防衛しててもどこもこないと言う状態に。

ということで、重いとはいえそこしかないのでA2エコ連戦へ。

入り口防衛は集合→突破EMCで右守護破壊へ。
そこから破壊がきっかけで入り口防衛が左守護防衛に移行するも、ラインを破りつつEMCも決めて掌握。
守護石を割り、DS側のミスにも助けられ、
マスターの城門前待機指示も万全で1バリケを先制で切る形で掌握。
相手DS側のLPの反応の鈍く、このまま壊して水路戦かとおもったあたりから、箱庭連が後ろを突っついてきたため、
いい状況で攻めれていたのに残念な結果になり、箱庭がここに着てる=他の規模の戦闘に区切りがついた。ってこともあると思うので、
気持ちを仕切りなおす意味も込めて転進へ。

偵察を回すも、状況は大差なく、攻め先も防衛先もないと言うことで、
作戦書上に砦情報を多く書き込んでいるA2を選択し、箱庭連との我慢比べへ。

お互い引く事もなく結局2130に。
こちらは平地の訓練もかねれたと思います。

んで予想通りN2を攻めてきたので、すぐに戻しても意味がないので、
ギリギリまで引っ張って2バリケでEMCし、相手も1G程度の派遣だったのでそのまま問題なく落ち着けることができました。
しかし、マスターの移動時間等、自分の時間計算の見込みが甘く、2バリケを先制する形で取られていたので、
A2で残存勢力を確認していたものの、もし相手が全軍であった場合は2バリケの占有権は危なかったかもしれないので反省。

最後はB3をとり、もうひとつと行きたかったところですが、SNK連の2G規模の派遣があったため、余裕がなくなり、
ぽたがないもののB5レースに出すも、失敗して終了。
エンペまでいけた人もいたので、おしかったところー。
叩けてても取れてたかはわかりませんけどね!


今回はいろんなところでガチの戦闘があり、防衛してもどこも来ないっていう状態になっていたため、指揮的にかなり苦しい状態でした。
そして、メンバーの方にもそれにつき合わせるしかなかったので申し訳なく・・・。

その上、A2の水路戦では、途中で死んでしまい現場の状況把握ができなかったため
指示がだせず、混乱させてしまいました。

自分のイメージではEMC場所の指示はしていたのですが、第3勢力の介入を想定した戦闘のイメージ共有はなかなかできるものではないので
マスターさんはEMC場所に困ったと思います(´・ω・`)

「水路左」って言っても、なかなかイメージできないですよね。
戦闘後、冷静に考えてみれば「水路T字入ってすぐ左。その突き当りで」とか言えばもう少しわかりやすかったかもしれません。
文章量が多いので、現場で実現できたかはわかりませんがー。

そんな中でも、汲み取ってくれた位置や、いいタイミングでEMCを飛ばしてくれたので助かりました。

そんなこんなで、いいところも、課題も見えたGvになりました。


▽ 気になること
やはりSE勢力が固定されており、戦闘がかなり限られた状態になっていますね。
戦闘する連合が固定されてるってわけではなく、上に書いたように
どこかがガチをしていて、守ってもどこもこなければ、攻めるにもいいところがない。というような状態。

新勢力参入の有無が気になるところです。


▽ おたより
匿名希望の方から、ステの相談に関するお便りをいただきました。
実は、私はその相談いただいた職を持っていないのですが、
自分の思ったこと+聞いてみた話でまとめてみたいと思います。

聞いた感じでは、自分の思ったこととあまり大きな差はなかったと思う!
明日更新しますね。

posted by ひめくり at 01:38| Comment(0) | Gvレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。