2010年02月08日

2/7Gvレポは

欠席だったため、レポはなしです。

ということで、動画を見てきます(ノ・ω・)ノ
posted by ひめくり at 18:13| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

1/31Gvれぽっぽ

今回は負け戦でした。
けど、次につながる負け方ができたんじゃないだろうかーって思います。


メイン戦闘は、N共通砦で暁連と戦いました。
暁連の第一印象は、1G抜けたのに多いな!って感じで、
こっちの1.5倍以上はいたんじゃないかなあと思います。

それでも、守護石戦は圧倒。
相手のケアが甘かったのもありますが、進軍はいい感じでいけたんじゃないでしょうか。
課題も見つかってるので、それをクリアにしていければもっと上位と戦えそう。
それに、勝っているポイントでも流さずに精査ができたのはいいことだなと思いました。


問題は1バリケ戦。
遊撃ポジションの同盟Gを倒してバリケに集中を基本軸にして、バリケ裏の壊滅も成功させますが、
1バリケの特性に苦しみました。

そんなこんなで今回は、相手に数の差を最大限に活用させてしまい、楽をさせてしまったなあと思いました。


でも、冒頭にも書きましたが、今回はぼろ負けだった分いい負けになったと思う。
逆に、今のやり方ではダメだということがはっきりわかったし、
1.5倍以上の数差があっても、勝つための布石が見つかったいいGvになったと思うんですよね。
私も思いつくところがあったので、まとめて進言してみようと思います。

結果を出せるのはまだ先になりそうですが、ぼろ負けした分、つかんだものも大きかったと思います。


そして今回は、個人的に最悪のGvでした。
相手の回転速度を見誤ったり、画面外の予想ができていなかったので、
見誤りでちょこちょこ前に出てしまったり、
あーもう!って言ってしまうぐらい最悪でしたc⌒っ-ω-)っ

でも、がんばろう。この負けはこの先プラス要素になるための負けですよ!

posted by ひめくり at 21:06| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

上達のアプローチ

前回のエントリーの妄想駄文は、これをテーマに書かせてもらったのですが、
あくまでわたし流のものですし、こういうものがフィットするかは十人十色です。
かならずしも全員が当てはまるというものでもないと思いますが、
おそらくやりかたの筋は通ってると思うので、参考になれば幸いですよよよよ。


そしてくりゅたんと少し話したのですが
上手い人は応用が多すぎて何をしてるか本当にぴんとこない。ってケースが多いと思うのですが、

この前書いたプロセスでは


1.上手いといわれてる人をひたすら見る
2.確かに上手い、でも、何をしてるから上手いのかわからない
3.最初はわからなくてもいいので、自分との違いを客観的に見てみる
4.自分の悪いところが少しずつ見えてくる

という風に書かせてもらいましたが、

1.上手いといわれてる人をひたすら見る
2.確かに上手い、でも、何をしてるから上手いのかわからない
3.上手い人のことは最初はわからなくてもいいので、他にもいろんな人を見てみてみる。
4.自分との違いを客観的に見てみる
5.自分の悪いところが少しずつ見えてくる

というアプローチの方が良いかもしれません。

というのも、この人は何をやってるからうまいのか。というのは、
自分のレベルの周辺じゃないと、なかなか見えてこないんですよね。

でも、上手い人を見ないと上がなかなか見えてこないし、良い物を見て目を肥やすことは大事だと思います。
そして、わたしなんかは仕事のほうで言われたのですが、
良い物をみて、たまに悪いものも見ろ。と。
そうすることで、より、良いか悪いかの判断がつきやすくなるんじゃないかな。と


けど、良い物って、迷ってる時期はなかなかぴんとくるもんじゃないのですよねー。
ようは、自分を客観視するステップの一部なのですが、多分このステップが一番苦しい気がしますけど、
自分の悪いポイントが見えてくれば、まずはしめたものだと思います。
にやにやしちゃいましょう。


ただ、勘違いしてはいけないのは、
悪いところのポイントってのは、常に高いレベルでの修正が必要と感じてきます。

たとえば、
立ち位置のレベルが悪いので修正できた!
と、その当時は思っていても、
だんだん自分のレベルが上がってくると、その立ち位置にも問題が見えてくるんです。

なので、イメージ的には、
悪いところを修正していき、新しい悪いところが見えてくるというような、直線的な階段を上って行くのではなく

悪いところを修正して行くが、自分のレベルが上がってくると、その修正したところにも問題点が見出していけるような
「螺旋階段」を上って行くようなイメージだと思います。
そして、螺旋階段を上れない時期は、同じ問題点をぐるぐる同じところをループして行くイメージ

これは修正できた。でも、これを修正したら、前修正したところを忘れた。
というような堂々巡り。
こういう修正が、同時に行えるようにならないと、螺旋階段は上れないんじゃないかなー。

そして、その螺旋階段の真下には、前にクリアした自分の問題点があり、
目の前にはその問題点のレベルが高くなって壁になっているイメージ。

そして新しい問題点が見つかれば、それだけ螺旋階段の直径が広がって行く。

なんか、イメージの話でぴんとこないかもですね!
ということで、レポは次のエントリーにでも。


▽ コメントレス
 ▽ のらねぎ様
わたしの書いてることがすべてではないと思うので、このことだけにとらわれすぎず、
のらねぎ様にとっての、ひとつのきっかけ。になれば幸いですー

posted by ひめくり at 19:26| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

妄想駄文

▽ んー。
うまくなるための〜。とかいう記事をずっとほったらかしてることに気づきました。

わたし自身はそんなにたいしたPスキル(笑)はないのですが、

TV製作のような業界の立場でたとえれば、
出演者というより、どちらかといえばディレクター側の人間だと思っているので、
そういう観点から色々気づいたことがあるので、それを形にできればいいかなと思います。


でも、とても長くなってるので、先にコメントレスから。
本文は追記に書いておきます。



▽コメントレス
 ▽ ベルさま
こちらこそ、気を使わせてしまい申し訳ないです。
最近はどこも圧縮してることが多いので、確かに盟主という概念は薄れてる気はします。
中で見るものと、外で見るものの違いというやつなのでしょうか。


 ▽ ひな。さま
こちらこそ、傭兵に来ていただきありがとうございましたったった。
序盤は機会にも恵まれず、必ずしもいい戦場が提供できていなかったのは心残りではありますが、
楽しんでいただけたのでしたらうれしいですよー。

ブログを拝見させていただき、休止が近いということを知りましたが、
またGvする時間ができたときや復帰の際には、是非声をかけてくださいね。
常に人手不足なので、傭兵さんは神様待遇ですよ!

それでは、おさかなさまでした〜。






>> とても長い続きを読むの? <<
posted by ひめくり at 21:43| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

連合呼称

帰宅後、らぐどあ経由でブログをちらちらと見ていると、こんなことがあったので引用させていただきます

>>とある方のブログ見て思いました。 うちは鷹連です。
決して、箱庭連とかじゃないからっ!!!
3Gで均衡たもってやっているので1G+オプションみたいに考えられるのは嫌だなぁ〜。
まあ1G+オプションとは思っていないだろうけど、前から箱庭連とか書かれていたので、どうかと・・・。
連合名はきちんとね!



と、わたし以外にも数名箱庭連と書いてる人はいるようですが、
わたし自身もブログで箱庭連と書いてあるので、当事者であるかどうかにかわらず、
一応関係のあることとして書かせてもらおうかと思いました。


まず断っておきたいのが、箱庭連と書いてるのは、
>>1G+オプション と書いてるように思ってるわけではないので、悪意はまったくないです。
それは誤解ですよー。
というのをはじめに断っておきたいです。


で、
まず、連合呼称って、侮蔑する類のものでない限り、その範囲内でどう表現しようと自由だと思うし、
もちろんどう自称するのも自由だと思っています。
その上、「しっかりね」といわれても、自称したものを他の人にそれを強要するのも難しいのではないかと個人的には思っています。


で、
自称するものを強要できないぞ!と、鷹連と呼びたくないから、箱庭連と使ってるわけではなく、ちゃんと理由はあるんです。

わたしとしては、なぜ鷹連なんだろうーって、鷹連と表現することに違和感を感じているからです。
その上で、鷹連の盟主は箱庭さんというイメージが強く、私は箱庭連と表現させてもらっているのですがー


なぜ鷹連という表現に違和感があるかというと、
過去の連合結成のとき
H=箱庭さん A=Altさん W=WHEさん K=殺し隊さん (略称で失礼します)
この4つの頭文字を合わせて、HAWK=鷹となったと記憶しているので

現状、そのうちの2ギルドが脱退して、残り2ギルドの所属になって、
さらにその略称にないギルドもはいっているので
Sesの連合名の特徴として、ギルドの頭文字やその付近の文字が引用される傾向にあるので
現状の鷹連という表記は、わたしの中では違和感を感じてしまいます。

これがわたしの中で大きく占めてる理由です。

もちろん個人的な違和感なので、自称する分には何の問題もないと思いますし
わたし自身の意見を他人に強要するつもりはありませんし、ブログ等でも強要したことはありません。


それらのことをふまえた上で、
3ギルドの頭文字を使い、HGW連(順番に他意はありません)という風に表現するのもありだとは思うのですが、
わたし一人だけこのHGWといったようなオリジナル略称表現をブログ等で使ってもわかりにくいため
わかりやすくするため、わたしの中で鷹連の盟主だと思ってる、箱庭さんの名前を出して
「箱庭連」と表現しているつもりです。
ということでご理解いただければ幸いです

posted by ひめくり at 20:09| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月26日

1/24Gv

今回も砂でした。

全体的に相手がいない状態で、うろうろうねうねして、AlicE攻めをしてるーってところで
箱庭連が来たようなので、2バリケから防衛を開始しました。

基本的にはこちらのペースで進んでいたと思います。
こちら側も色々ミスも目立ちましたが、声を出し合って最小限にできたかな。

同盟GのWHEもほとんどみあたらなかった(箱庭+GSのエンブが大多数)ので、全軍じゃなかったのかな?と思いつつ。
それでも結構な人数だったので、圧縮だったのかもですけど、
とりあえず、ペースはこちらが握れていたように思えます。


全体的な流れとしては上に書いたような感じなのですが、
個人的なほうは、今回傭兵で砂の方が着てくれたので、仕事の穴を埋めあえてよかったなあと。
どんな職でも一人じゃなかなか苦しいので、心強かったです。

あと、出血毒ASを多めに使ってたのですが、食らった方はどう思ったのだろうか気になるところです。


次回はどうなるかなー?
posted by ひめくり at 18:25| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月21日

1/17 1/17Gvレポ

▽ 1/17

忘れもしません。
あの日のことを。

阪神大震災が起こった当時は私は兵庫県の西宮市に住んでいました。
当時はまだ高校生でした。

突然の大揺れに、夢見心地の状態で目が覚め、
うとうと起き上がった瞬間に、本棚の上においてあったPCエンジンDuoとメガドライブが
さっきまでわたしの頭のあったところに落下してきました。

食器や水槽などは全滅でした。
当時1歳の猫もいたのですが、その子はなんとか押入れの中に避難していたようで
地震の恐怖に震えていました。

幸い、うちは被害が食器や家具などですみ、家自体も問題なく住める状態だったのですが
外にでると、地割れが起きていたり、線路がジェットコースターのようになっていてぞっとしました。

電気が早く復旧し、生活ができる状態になりましたが
ガスや水道がなかなか復旧せず、復旧した親戚の家に行ったりと大変でした。

しばらく続いた余震にずっとびくびくして過ごしていましたが、
15年がたち、その恐怖も薄れてきました。
それでもやはりあの日のことは忘れることができません。

東京は小さい地震が多いので、ゆれるたびにびくびくしてしまいましす。
そんなトラウマ。


▽こんな重苦しい文章のあとにレポートができるのか!?
今回は人員の都合で砂で参加

先手が取れるとよかったところもあったのですが、
前に行き過ぎると、相手砂さんに狙われる結果になり
立ち位置の悪さが顕著にでてしまいました。

Wizで強引に押し込んだりするあたりが反映されてると思うので、力押しプレイを反省せねばと思いました。

今回砂での反省点がWizにリンクできたのでとてもよかったですね。


全体の流れとしては
1.防衛するけどコネー!
2.いろんなところ取るけどコネー!
3.FPと戦ってみよう
4.IY連とかぶっちゃった
5.FP無視でバリケを挟んで戦闘
6.IY連が消えた。本城警戒するも、監視していた砦には来ず
7.FPさんを落とす
8.そのまま確保して派遣も上手く行き4砦獲得

今後も、攻めでは同規模クラスのFPさんやIY連さんとはよく戦うことになりそうですね。
防衛ではやっぱり、大手に照準を合わせてがんばって行きたいところです。

砂は新鮮で面白かったし、
砂をしても今まで見出せなかった、多職でのリンクができるようになってきたと思うので
機会があればでさせてもらいたいですねー

posted by ひめくり at 21:26| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

c⌒っ-ω-)っ

▽お知らせ
なりすまし詐欺が横行してるようです。注意してください
 →☆ みなさんへ注意喚起 ☆

▽コメントレス
・通りすがり様
同様の被害が増えてきてるようで、ガンホー側の対応が書いてあったため少し引用させていただきますね。

 >>この詐欺についてガンホーに再三問い合わせても 2者間での取引で取引側にも自己責任があるという ことで対応してもらえなかったようです。

さすがの予想通りの対応と言ってしまえばそれまでなのですが、
やはり自己防衛(お金と物は同時に取引をする)というのが一番確実なようです。

もう少し早くこのことを知らせるためにコメントレスをしたかったのですが、理由はあとで書きますc⌒っ-ω-)っ


▽ ここ最近のこと
風邪が治り、体調も上向きになったー!というところで、
また風邪をうつされて、熱を出し寒気モードに突入しまいましたc⌒っ-ω-)っ
それにくわえて、ぜんぜん眠れず、プチ不眠状態が2日だけですが続いていましたc⌒っ-ω-)っ

バイトやトレーニングは続けていたのですが、ブログを更新する気力まではわかずに、時期があいてしまいましたc⌒っ-ω-)っ

でも今日は、久しぶりに寝れたー!という充実感があり、体調もよくなってきたので、
体調不良が重なってこうなったのかなあと勝手に分析。


とりあえず、正月から続く体調の負のバイオリズムに終止符を打ちたいですねc⌒っ-ω-)っ
posted by ひめくり at 10:34| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月18日

☆ みなさんへ注意喚起 ☆

現在、他人の名前を騙ったなりすまし詐欺が横行しているようです

今回被害にあった方は、取引において先に商品をもらい
「支払いは別キャラで。名前はマドキチです。」と言ってそのまま行方をくらましています。
もちそん、その商人は捨てアカウントで、検索してもキャラの身元をとらえることができませんでした。

今回、マドキチさんとしても寝耳に水の事件で、身に覚えのないこととして、同様に被害を受けました。


▽ 手口紹介
手口としては
DioBrandoで、チャットでの売買に現れ
(男商人 ただしきゃらくえに該当がないことから捨てアカウントの商人の様子。
マンガのキャラなので、同一の名称の方がおられる可能性もあります。
名前に全角半角が混じるなどして、似た名前でも犯人とは限りません。
その方への迷惑にもつながるため、注意をお願いします。)


物とお金の取引時に商人はお金を持っていないため、
別キャラがマドキチなので、それで渡すと説明。

近々引退するので、今日の夜にイベントをするというストーリーを作り、
話もしていたため信用して先に商品を渡してしまい
相手はそのまま戻ってこない。

という手口を使ってきています。


▽ 対策など
対策としては
お金は別キャラで、という手口を使ってきているので
商品とお金は同じタイミングで取引をする。というのが最も確実と思われます。


マドキチさんとしては、
取引では最初からオーラクリエで応じる。ということを言っておられましたので、
それ以外でマドキチさんの名前を使う人間は、名前を騙った犯人として特定していいかと思います。

その件についてSSで公言もしてもらいましたので、オーラクリエ以外での取引は別人と考えてください。
madokichi.jpg


また、商人自体も同一の名前で犯行をするとも限りませんし、
同様に、マドキチさんの部分が、他の人に摩り替わる事も十分にありえます。

そして、この記事を書くことにより、わたしの名前も使われる可能性がありますので、
わたしが取引に応じるときは、- 千 花 - というオーラHiWizではじめから取引に参加するようにします。
オーラHiWizなので、簡単に作ることはできないでしょうし、そもそも取引は滅多にしないと思いますが・・・。
狩りの時間以外ほとんどInしてないし(´-`)


今回わたしも聞いた話なのですが、被害拡大を防げれば。と思い記事にさせてもらいました。

と、いうことで。

商品とお金を同一で取引すれば問題ないと思われますので、皆様ご注意ください。

大事なことなので2度言いました(*'-')

posted by ひめくり at 20:18| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

ぺっかりこ

はいぷりが光りました。

hpri.jpg

リディアで殴りプリとして誕生し、転生実装前に光ってたキャラで、転生をしても永遠の70台とか言って育てる気がなかっただけに
自分でも光ったことにびっくりしていますがー。

やっぱり生体はすごいね!

ただ、このプリが光ったからといってしたいことがあるわけではなく、
とりあえずボスや生体でペナを気にせずやれるーというぐらいで
あとはアークビショップ待ちになるのかなー。

なにはともあれ、ペナからの開放ってのはうれしいよね!


次はやりたいステで作っておりますので、次のハイプリがメインになりそうですよ!
そして、そのキャラの名前もひめくりではない!
ひめくりの名前にしようと思いついたのが、既に作ったあとだった!
ひめくりはまた今度ね!


で!
意外に思われることが多いのですが、実はこのキャラが2つ目の転生オーラです。
ジョブ70の転生オーラに限定すれば、このハイプリが初になりますね。
実はハイウィズはジョブ68だったりしますし、
3次転生の条件にジョブ70が必須じゃない限り、特に上がることはないでしょうから。

とはいえ、R化が白紙になり、3次の実装も怪しくなってきておりますが、
ちょこちょこ生体に参加させてもらい、ちょろちょろ増やして行きたいところですね。
RO暦だけは長いのに、あまり狩りをしないので転生オーラが少なく3次が楽しめないってのも寂しいですしね。

がんばらないをがんばりつつ、がんばっていきたいとおもいますc⌒っ・ω・)b
posted by ひめくり at 21:37| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

きょうのできごと

▽ 今日の空模様
東京では雪がちらつくぐらい寒かったのですが、明日はもっと寒くなるそうです。

特に日本海側は雪と、全国的に強い風が吹くようです。
九州でも積雪が予想されてるようなので、雪の珍しい地域の方はお気をつけください。

と、
天気予報で言っていたのですが、雪等、交通機関や生活に大きく影響のでるような天気については
多少大げさに報道がされるようなことを聞きました。

最悪の状況を頭に入れて準備や行動をしてほしい。ということらしいのですが、なるほどの理由ですよね。
甘く見たり、知らずに行動するのと、最悪の状態を想定して準備しているのとでは、えらい違いですよねー。

ただ、気象予報士さんとしては、その理由を知らない人から「結局降らなかったじゃないか。」というお叱りが飛んでくる事もあるでしょうし、複雑な思いな気がします。

でも、たとえ準備が無駄になったとしても、最悪な状況にならなくてよかった。と思いたいところですよね。何事もなくてよかったと。
でもきっと、その準備は無駄じゃなかったと思うのですよ。そうなる確率はあったかもしれないから報道されてたわけですし。
準備せずに甘く見てたら、どうなってたかわからないわけですしねー。
命にかかわる出来事になるかもしれないものなら、なおさらですよね。

と、そんなわけで危機管理を促す意味では必要な操作だと思いますが、
改めてメディアの力を思い知らされるところで、便利でもあり怖くもあり。

このお話も聞いた話なので本当かは知りませんけどね!


さて、そんな冬ですが、私は寒いのが好きです。
特に、寒い空気に透明感があり気持ちいので好きなのですが、
寒すぎるとお布団から出られなくなってしまうのが悩みものです。

何とか風邪も快方に向かっているので、自分のための事もしっかりやりつつ治して行きたいですね。


▽ 今日の1.5倍
ログインすらしておりませぬ。
クライアントも起動せずに、お布団にこもってますc⌒っ-ω-)っ
電気毛布がお友達ですc⌒っ-ω-)っぬくぬく

1.5倍中は、によに数度参加させてもらって、ハイプリを光らせたいなあと。
そして、すぷりもオーラにしておきたいなあと思っております。

ちなみにどちらも対人向けではないです。
対人キャラはHiWizと砂がいればいいやーと、最近思っておりまする。
やりたいものはいっぱいありますが、必要とされるものとの差もありますし、
これ以上転生オーラを作る自信もないしc⌒っ-ω-)っごろごろ


▽ 今日の晩御飯
ゆずこしょう味のパスタを作ってみましたが、なかなかおいしゅうございました。

ゆずこしょう。好きなんです。
おでんとおなべの友。


▽ 今日のぺそぎん




ぺそぎんかわゆす

posted by ひめくり at 23:04| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月11日

ずるずると

一週間以上更新があいてしまいました。
ご無沙汰でございます。


▽ と、いうのも
正月から風邪をこじらせてしまい、寝込むほどではないし、ちょこちょこROもしていたのですが、
丸々一週間、ライフは一桁と二桁を行ったりきたりしておりました。


一番痛かったのが、喉をやられてしまって、まったく声がでなくなってしまい、トレーニングがまったくできなくなってしまったことでした。
1日トレーニングができなければ3日分は遅れてしまう、
3日できなければ1週間、一週間できなければ一か月分、と
声さえでれば、熱があろうと問題はなかっただけに、かなりマイナスの出来事でした。
自分の体調管理が悪いとはいえ、不覚でした。。。
脳内での整理は色々と考えていたのですが、その分今週は追い込まないとまずい。まずい。

油断したつもりはないのですが、お正月には何かしら体調を崩してる気がします。
恐るべし正月マジック。
憎むべき正月マジック。
恨むべし自分の体調管理の不備。

そんなわけで、まだ完全に調子も戻っていないため、Gvはお休みさせてもらい寝ておりました。

今日も寝てます。おやすみなさいc⌒っ-ω-)っ



追記
▽ コメントレス
・「ひめくり」でググっても出ませんぬ;ω; 様

そのときはぐぐるとでてきたんですけど、今はでてこないですね・・・w
何でだろう・w・

動画の件は体調が戻ったら見ます。まだ見れてないんですゴメンナサイー。
posted by ひめくり at 15:33| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

チョコボール

2つ買ってみたけど金どころか、銀のエンゼルすら入っていないという絶望感

そしてGvは、しるさんち自体も正月休みで、しかも寒すぎるのでおやすみです。
布団Dから抜け出せない


これを書いてるのもお布団です。
posted by ひめくり at 21:30| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

謹賀新年

あけてしまいました。おめでとうございます。

皆さんの指先は黄色いですか?
黄色ければ、きっとおいしいみかんにめぐり合えていた証拠ですね。
今年もいいみかんライフを送りましょう。


さてさて
光陰矢のごとし、ほんとに月日が過ぎて行くのは早いです。
こうやって人は老いていくのかと思うと、恐怖感を覚えます(´-`)


と、いうことで、本年もマイペースでやって行きますので、お付き合いをよろしくお願いします。


▽ 12月の検索ちゃん
訪問者数 1585
ページビュー 12798

12月中にこれだけのアクセスをいただきました。

気になる検索ワードはー

・ひめくり
ついにこの呼び名が浸透してきたか!?
MSのマスターをやってたキャラが菊理媛で菊さんと呼ばれることが多く、
古い友達達からは、びれさんとよばれ、イマイチひめくりが浸透していない昨今でございます。

2010はひめくりでヨロシクお願いしまするるる。
まぁ、検索は2件だけだったんですけどね(;´-`)


・チルノのぱーふぇくと算数教室歌詞
満身創痍ですが、あたいのページにそんなものはありません(´-`)


・じゃがりこ
じゃがりこおいしいよね!


・意思統一
数をただの数にするか、よりよい数にするか。のキーワードだと思います。
作戦書では苦労すると思いますが、どれだけ底上げできるかがポイントだと思います。


あとはバリケ、N2 N3やらEMCとかGv用語がぽつぽつと。
そして最後に


・妄想の重要さ
これはモチベーションを保つのに本当に大事だと思います。

どれだけそのことについて考えているかの指標だと思うので、
ひめくりは妄想は原動力というキーワードを今年も訴えて行きます。



▽ コメントレス
・ごむちゃん
みててくれてありがとう(*´ω`)
何とか生きているので、これからもよろしくね〜


▽ そういえば
どうでもいいことなので、追記にー


>> 続きを読む <<
posted by ひめくり at 22:28| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月31日

Baskin Robbins

▽ 年越しアイス
諸君、わたしはストロベリーチーズケーキが好きだ!!

ということで、31でアイスを買ってきたので年越しアイスにするつもりです。

クォートサイズ(1700円)で買おうと思ったのですが、キャラメルリボンとかも食べたくなったので
31の日という事もあり、ダブルカップにして、お正月はいろんな味を楽しむことに。

あ、一応年越しそばもありますよ。


▽ 2009年
2009年から、MeteorStrikeを脱退し、好き勝手に行動させてもらっています。
色々傭兵に回ったり、しるさんちに現在厄介になっています。
個人的には1兵士としていたかったのですが、留守中の指揮を任せてもらえたりと、色々とおたおたあわわ。でした。

傭兵時代はぽつぽつ気づいたことを言わせてもらったり、
しるさんちでは、仁王防衛の構築に少しは協力できたかな。と思います。

いい事もよくない事も色々ありましたが、
なにはともあれ、個人としては世界が広がった一年でした。

来年もこれを糧に、色々やっていけたらなあと思います。
今年やりのこした事も色々あるので、しっかりせにゃーと思いつつ、
モチベーションは低空飛行をしているでしょう。

夢のほうは何とかがんばって、あと半歩を勝ち取りたいと思います。
この3月までが勝負なので、がんばらにゃあ・・・。


▽ それから
このブログを閲覧してくださってるすべての皆様に感謝を。

コメントでもらうエネルギーを糧に生活をしております(エロサイトの広告を除く)
些細なことでもコメントしていただけたらうれしいし、更新する原動力になりますので、どしどしとどうぞ。
中傷コメント等はご遠慮いただきたいですが、原因が自分にあるものは精査させてもらいます。
こういうことやってほしいー。っていうのもあればどんどんどうぞー。


今年一年このブログを見てくださって本当にありがとうございました。
2010年という年が、皆様にとって健康で、そして幸せな1年であることを、心よりお祈り申し上げます。

                       2009/12/31  ひめくり

posted by ひめくり at 16:22| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

超コメントレス

▽ for鯖民さま
わたしが連合指揮をしたのは、レース連のときが初めてです。
それまで、MeteorStrikeでの指揮をしていましたが、レーサーなのでたいした指揮はしていないので
実質初めての指揮だったといってもいいんじゃないでしょうかねー。

あと、くりゅたんと話したのですが
実はわたしは、3回目からの指揮ではなく、はじめから指揮をしていたんじゃない?とか色々話していましたが
どちらも記憶が曖昧です。

総指揮はわたしだったけど、くりゅたんが補佐をしてくれてたから
わたしがそう思い込んでたのかもしれません。
んー。よくわからない!



▽ 兜の人様
みかん必勝の法則を教えてーってことですが
甘酸っぱいみかんをお求めなら、ポイントがいくつか。

・小玉のみかん
・色の濃いみかん
・皮がむきにくいみかん

このあたりがポイントになってきます。

上の2つは見た目でわかると思うのですが、
皮のことについては買ってみないとわからないと思うのですが、
皮のむきにくさの自分なりの見分け方のポイントとしては、
皮と果肉がしっかりくっついているか。ってのがポイントです。

皮と果肉の間に空間があると、あまりおいしくないです。
この現象は経験上、大玉みかんの方が多かったです。
逆に空間がないと、皮と果肉がしっかりくっついていておいしいみかんということが多いです。
空間があると皮がむきやすく、そのみかんは経験上おいしくないことが多いです。
空間のないみかんは、皮が薄かったりしっかりくっついたりしていて
皮をむくのに苦戦して、果肉が傷ついたり手がまっきっきになることもしばしば。
しかしそういうみかんはおいしいのが多いんです(*´ω`)

ということで、みかんの表面をさわってみて、空間が開いてそうなものはあまりおいしくないように感じます。


あと、小玉と大玉の違いですが、小玉は甘酸っぱいのが覆いのですが、
大玉のみかんになると、甘さやすっぱさが薄くなり大味になりがちな気がします。

というのが、わたしのみかん必勝の法則です。
私は甘酸っぱいみかんが好きなので、小玉が好きです(*´ω`)


で!
これはわたしの経験上の話しだったり、人に聞いた話もあったりするので
あってるのか激しく不安だったのから「おいしいみかんの見分け方」で、ぐぐってみましたw

ポイントは8つあるようで、自分の必勝の法則もその中に含まれており安心しました(*´ω`)

皮についてるブツブツの模様の密度が濃いものがいいとか、勉強になりました。
詳細はぐぐった先のこちらで

参考になれば幸いです。
posted by ひめくり at 22:10| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

数げーと密度ちゃん2

だいぶ期間が開いてしまったのでおさらい →数げーと密度ちゃん1

わたしも忘れたから読む!


読んだ!


▽ 密度ちゃん
たとえ30vs50の規模同士の戦闘であったとしても

戦闘が起こってる地帯では、果たしてそれは本当に
一つの密集した地点で30vs50の密度で戦闘が行われているか?


ということですが、
間違いなくこれは表面上の規模同等の密度で戦闘が行われていることは稀ですよね。

復帰などで画面外にいたり、必ずしも全力の密度で戦える、という状況は少ないはず。
規模が多ければ多いほど、この状況は顕著だと思います。


じゃあ、どないするん?というのが今回の主題なんですが

戦闘地点での数の優位を獲得するように進軍する

というのがわたしの中での一つの答えでした。


▽ 受けの攻め
そこででてくるのがこの「受けの攻め」というワードなのですが

おそらく、大多数の人が攻めというのは前に出ること。と思っているかもしれません。
必ずしもそれは間違いでなく、最終段階では前に出ないと攻め勝つことはできないというのも事実なのですけど、
冷静に考えて見ましょう


相手は防衛でラインを形成し、拠点を守っています。
ここって、相手の密度が集中してるところだと思いません?

そこに無作為に前進することは、明らかに、
自分たちの軍を「少数vs多数」の構図を作っていると思いませんか?

この状況は、感覚的にはWPロキ防衛と一緒ですよね。
WPにはいると圧倒的に多数の相手が、自分たちを襲ってくる状況。
前に出るだけで勝てるのは、ただのごり押し。

じゃあ、勝つためにはこれじゃあいかん!
「戦闘地点での多数vs少数」の構図を作り上げることが大事なのがよくわかると思います。


そのためにどうすればいいかというと、一旦受けに回る。というのがこの受けの攻めというワード。

これは何かっていうと、
相手は拠点を守っていますが、その数のうち何名かは遊撃として自軍への侵入を狙ってくる人たちがいるということです。
これは、フラッグや安全なEMC地点を確保してることによる復帰速度の差が、この遊撃というものを形作ってるのですが、
どれだけの規模であろうと、いくらか遊撃の規模を作ってることが多いはずです。

じゃあ、先にその遊撃を受けて倒すことができれば、
被害も少なくなり、次の戦いへのチャンスって作れるんじゃない?って思ったのが、この受けの攻めです。

わかりにくい気がするので、わかりやすくくりゅたんのところから引用すると


自軍30で敵軍50、これ勝てる要素ほぼ無くね?
→ じゃあ、勝てる状況を考えてみようぜ!
→ 30vs1を50回繰り返せば勝てるんじゃね?
→ 勝てるだろうけど、さすがに現実的にやるのは無理だわな。
→ 30vs5は1回くらいならできるんじゃね?
→ こっち1人やられて、自軍29に敵軍45…これでも無理すぎる…。
→ その後に29vs10の戦闘展開があったらどうなるだろう?
→ こっち4人やられて、自軍25に敵軍35って展開になれば、勝機見出せるんじゃね?

(くりゅブログより引用)

という感じ。

30vs5とか29vs10とかで、戦闘地点での優位を得てるのが判ると思いますが、
これが、わたしの説明にある、相手の遊撃を受けてから攻める。という受けの攻めの部分にあたります。


机の上でのことなので、こうやって書いてしまうのは簡単なのですが
実際にやるのはとても難しいし、
相手が遊撃を使ってくる攻めの守りを選択せず、受けの守りを選択してる場合もあるため
必ずしも上手く行くとは限らないものです。


攻めこそ守り、攻め込むタイミングが大事。
攻め勝てるときほど、自陣が安定してるはずです。
多分スピードがすごい大事。

守りこそ、攻めるタイミングが大事。
引き際が大事。

だと思うんですよね〜。


▽ そのために必要なこと
自軍がきっちり、最大の規模に近い状態で戦えるようにまとまること。
しっかり作戦をつくり、周知をさせること。

つまり、作戦書の重要性。
そしてそこから、意思統一の重要性につながる。ということです。


戦いに必要なのは、なるほど数です。
しかし、意思統一がされていない数というものほど、ばらばらになりやすく、密度を形作ることができません。

だからこそ、作戦書を見直し、意思統一を図ることが重要だと思うんですよね。


posted by ひめくり at 20:51| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月26日

必勝の法則

ふと思ったのですが、Gvレポを忘れていました。
前回のエントリーのお話は次のエントリーで書く予定です。

レポと言ってもいまさら感が漂っておりますので、はしょっていきます。


▽ 12月某日
しるさんち今年最後のGvになりました。
年末進行で欠席者も続出。15名ぐらいいたとのことでした。

ということで、形だけでもN1の防衛に入りますが、ドタキャンも多く編成どうしようもない感じ。
まともに戦えなかった箱庭連には申し訳ないですね。
選んでくれたのに戦えなかったので、来年はいい戦闘をしたいです。

ということで、編成しなおしタイムから、人数も加味してFEに行くことになりました。

攻め手過多なのですが、共闘無しを選択。
防衛側云々に苦しめられたというより、共闘無しにより常に挟まれる展開が続き苦しめられます。
根気強く攻め側を排除し、相手が諦めたところでRESと対峙。
相手がホイホイ出てきてくれたので楽な展開でした。


と、いうことで、最後はSEでアリスとのガチンコ。
一度バリケ裏を掌握したのに、AlicE前衛の粘りの間に再び布陣されてしまい、再生の早さに驚きました。

全体的に職不足というのもあり、前衛の対処には苦労をしていました。
FEでもSEでも、前衛がしっかりしているところには苦労しますよねー。
それが顕著にでたGvだと思いました。


冒頭に書いたように、しるさんちでは今年最後のGvだったのですが
どこか砦を取って終わるより、よっぽど楽しい戦いができたと思いまます。

今回職不足でいろんな人がいつもの職ではない人が多かったのですが、
いつもの職じゃない人はその視点で得たことを糧にして、専門の職につなげられれば、来年もステップアップしていけると思います。


▽ と、いうことで
年末と年始のGvはしるさんちでのGvがありませんので、ここで傭兵募集でもしてみましょう。

HiWizかスナイパーが出せますので、こいやーっていうギルド・連合さんがいましたら、コメントしていただければ幸いです。

複数希望がいたりした場合等はお断りさせていただく事もあります。
日曜日のGv時間までにコンタクトがなかった場合は、お断りと変えさせていただくことをご了承ください。

また、他鯖の場合はノビでの参加になります(ぇ
そもそも他鯖は冗談としても、本鯖も要請がないと思っているわけですがね・・・(´-`)


▽ 必勝の法則
タイトルにつけていた必勝の法則とは・・・

>> 続きを読む <<
posted by ひめくり at 13:39| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月23日

数げーと密度ちゃん

くりゅたんからだいぶ遅れをとってしまっていますが、
戦力の密度って言っても特に難しく考える必要もなくー


たとえ50vs50の規模同士の戦闘であったとしても

戦闘が起こってる地帯では、果たしてそれは本当に
一つの密集した地点で50vs50の密度で戦闘が行われているか?

というところがポイント。


これは数が30vs50であったとしても同じことです。

たとえば自分たちが30の軍勢であった場合、
数が劣勢であっても勝つために考えることはなんでしょう?


戦略の王道として、手っ取り早く勝つために何を用意するといわれれば、
必勝の策略や戦術をねることではなく、それは人数だと考えています。

本当の戦争であれば、戦う前に勝つこと、戦わずに勝つ方法を模索することこそが戦略だと思うのですが、
ゲームですし、戦うことが前提のことですので、一番手っ取り早い手段は人数であろうと思われます。

それだけ人数差というものには抗いにくいものですが、ただ必ずしも人数だけが多ければいいわけではない。という側面もあります。
これについてはまた今度書かせてもらいますとしてー


話を戻すと、今回は30vs50。自分たちは30の軍で数の上では劣勢の戦闘になっています。

そして、戦闘が起こってる地域では、必ずしも30vs50の戦闘が起こっているわけではない。
戦力の密度差というヒントから導き出される答えは?
そしてそれに必要なものは?

もちろん答えは一つではないし、必勝というわけでもないのですがー。
考え方や手段の一つとして。



さーて、来週のひめくりさんはー?

受けの攻め
意思統一

でお送りいたします。


じゃん

     けん

           ぽん!

posted by ひめくり at 02:21| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

アルバム

▽ かににっぱHEY!!
Chaos時代の一番中のよかったお友達のお友達が集まっていたギルドがここでした。
当時は対人などもしていませんでしたが、にっぱ時代後期に、レーサーとして参加していました。
あとはにっぱメンバーが対人しにいってるGdCや百花に何度かお手伝いに行った程度でした。

その後、レースしたい人たちは @。@v というギルドに入り、レースをすることになりました。


▽ @。@v
当時はレースも黎明期で、とにかく走ってエンペを叩く!という時代でしたが、
@。@vは役割分担を行いブレイク率を上げるための戦術を使い、
当時のレーサーとしては、そこそこの取得率を上げていました。

が、マイグレでSes移住して少しして、@。@vのマスターの多忙により休止へ
そこでMeteorStrikeが誕生しました。


▽ MeteorStrike
なぜかいつの間にか、わたしがマスターになることになり、MeteorStrikeは誕生しました。

なぜこの名前になったかというと、当時いたメンバーから名前を公募し、
投票で多数を集めたのがMeteorStrikeでした。
ちなみに次点はFirst Attack ファーストアタック。綴りあってる?(;´-`)

わたしが提案していた名前は、botanical garden 植物園という意味でした。
由来は、自分のキャラ名にすべて花の名前が入ってるからなのですが、
頭文字からBOTとか印象のいい名前じゃないということで、早々に却下されてしまいましたc⌒っ-ω-)っ


MeteorStrikeになっても何か変わるわけでもなく、
日々レースにいそしみ、およそ3週に1回の取得率で砦を取れていました。


Alternativeと(゚ω`)チラッのライバルGから同盟要請があり、レーサー力をあわせてもりあげようぜ!ということで、同盟へ。
MeteorStrikeだけでなく、わたしとしての転機も迎えます。

連合結成。その名もレース連。

最初かわたしは総指揮として座っていたわけではなく、最初3回はくりゅさんが総指揮をしていましたが
なんでかいつのまにかわたしが指揮鞭をとることになっていました。

正直その当時は、くりゅさんを恨んでいました。
なんでわたしがしないといけないんだって、責任や重圧で体調を崩したり、やめたくなったことは何度となくありましたが
叱咤激励を受けつつ何とかがんばってきました。

しかし、この体験が今のわたしを形作っているものなので、このチャンスを与えてくれたくりゅさんやレース連には、本当に感謝をしています。

そんなこんなで自分を成長させてくれたレース連は
V取得→L取得→C取得→B取得 と、レーサーから徐々にステップアップしていけたいい連合だと思っています。
多分、わたしの記憶では宿無しは3回ぐらいだった気がします。

正直、宿なんで形式上のもので、経費上の問題さえクリアしていればあまり気にするものではないと思いますが、
煽りの元なので指揮者としてはすごいこたえました。
初めての宿無し週は、胃腸をやられてもどしたりと体調も最悪でしたc⌒っ-ω-)っ

と、そんなこんなで、失敗を糧にして成長して行き、
レース連としての転機、NP連との同盟を向かえ、一躍最大規模クラスにのし上がります
が、1ヶ月でその連合は解散となり、元のレース連に戻りがんばっていましたが、
わたし自身を含めいろんなことが原因でレース連は解散することに。


MeteorStrikeは同盟を探し、ものぽらいざーさんや、LifeSpanさんなどと体験同盟を組みますが、しっくり来ず
MustangForceさんとの同盟を転機に、馬連を結成
小規模で「かわいい連合(こるな談)」として、防衛を中心にがんばっていました。

そしてその後、現在も親交を深めるEvanesceneとの同盟を迎え、規模を増やしつつの防衛をがんばっていました。

MustangForceさんが解散となり、一部MSに合併され、
MSとEvaのME連が結成され、やっぱり防衛を中心にがんばっていきました。

防衛にこだわっていたのは、格上と戦うための手段として防衛が最適だと思っていたので、防衛を選択することが多かったです。
ロキ防衛全盛期とはいえ、規模的にも十分でなかったため、大手と戦ってもギリギリの戦いができました。

また、開始防衛を選択することにより、うちは開始防衛が多いですよーとアピールしておけば
自然と来客数は増えるという狙いがあり、その狙い通りというか、千客万来の防衛連合となりました。


しかし、わたしが上京することになり、休止を視野に入れた後継者育成をするために、
ギルドマスターを降りて、後継の育成に入りました。

そして復帰し、戦略レベルでのてこいれなどしていましたが、
自分も他の規模やいろんな規模でやってみたいという希望が強くなり、
わがままをいってMSを脱退させてもらうことになりました。


▽ 傭兵期間
SNK連を中心に、複数の連合でやらせてもらえました。

そんなところで、しるさんちから、盛り上げようぜーとオファーがあり、それを受けることに。

そして現在に至ります。


と、途中だいぶはしょった気がしますが、こんな感じでした。
わたし自身は、毎回いいギルド、いい連合に恵まれ
支えられながら高いモチベーションでやってこれたと思います。

わたしは本当に出会いや縁に恵まれていると、この記事を書きつつ改めて思いました。
いい思い出、いい経験、皆さんありがとうございます。

posted by ひめくり at 00:22| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。