2009年12月01日

【勝手に納得版】バリケ越えとバリケめり込みの違い

自分で勝手に納得版。


【バリケ越えEMC】
・何らかの要因により、バリケードの内部からEMCを撃つこと。


【バリケめり込みEMC】
・バリケードにめり込んでEMCを撃つこと。



自分が気になっていた点は、バリケを越える。という点

めり込んでEMCを撃った場合、「上1列のユニットは、バリケードを越える」ことができるため、この行為自体をバリケ越えというのか、

他の何らかの要因において、マスターユニット自体がバリケードを無視し(越えて)、バリケードの内部からEMCを撃つこと。
これをバリケ越えというのか。という点でした。


結論としては、
上に書いたように、何らかの要因でバリケードを無視して、バリケード内部からEMCを撃つことを、
「バリケ越え」と認識することにしました。



なぜこういう記事を作ったかと言えば
バリケ越え=めり込んだ上1列の人がバリケードを越える。という行為がバリケ越えなんじゃないか。と、解釈もできると思ったからです。

あくまで個人的に納得したものなので、全体との差異はあるかもしれません。
もしよければ、この認識を共通認識にしてみてはいかがでしょう!ヾ(´囗`)ノ゙



で、わたし「個人」の見解ですが、
バリケ越えEMCについては、もはやゲームでなくなるため、やらない方がよいと思いますが、
バリケめり込みEMCについては、自由だと思います。

ただ、わたしがマスターや指揮官であったとしたら、めり込みEMCはやりたくないですね。
スマートに戦って勝った方が、楽しいし気持ちいでしょう。


マリーツィアさんも言ってるんですが
「まあ、要はバリめり込みEMCするな!ってのはWP越えと同じで注力すればなんとかなる話でありまして、それに対する注力の無さを責任転嫁するのもどうかという範囲だと自分は思うわけで」(氏のブログから引用)
と、わたしも思うわけで。

とはいえ、致命的なラグで決められてしまう事もあるし、普通に撃つよりはかなり通しやすい環境を作れるのは間違いないのですが、
自分を楽な環境におくより、現実的に厳しい環境にいた方がやりがいもあるし、楽しいと思うのですよ。

現実的ってしたのは、相手が似たような土俵で戦ってくれる、という意味で、
バリケ越えのレベルになるともはや同じ土俵に立ってくれていないので、戦いようがないということでー。

posted by ひめくり at 23:03| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バリケ越え と めり込み の違いがわからない!

バリケ越えとめり込みの違いはいったいなんだろう?


めり込みEMCを撃った時点で、
バリケを越えれる可能性のある人(一番上の列に召還された人)がある時点で、両者はイコールだと思うんだけれどもー。

そんなことから、自分の解釈では
「めり込みEMCを撃った時点で、バリケ越えEMCになってる」
違いはどこにあるのかな。


もしかしたら、根本的に違って、
EMCタイミングを調節できるとかいう裏技が過去に話題になってたアレとか、
愚風の応用?で、開始0秒に合わせるEMCのことかな?


この2つの違いをはっきりさないと、個人見解の記事が書けない!
おせーてえらいひと。




▽ 出遅れ
ここ2週連続でめり込みEMCを狙ってくる規模が出てきたので、
いらぬ火種になるんじゃないかと、話題にしようかどうか迷ってたら
生体便に出発して、さらに1日たってしまったら、
くりゅたんが既に記事にしていたので出遅れた!くそう!

posted by ひめくり at 19:08| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

Wiz Wizのお仕事(防衛編)

くりゅたんのこの記事と似たようなことなのですが →これ

防衛時、Wizのどういうときに前に出る?という疑問から始まる今回のお話。


結論から言えば、「前に出ることはほぼない。」というのが現時点の自分の答え。


理由としては

1.射程や可視領域の関係上、Wizの立ち位置からでは敵の情報が捉えにくい

2.魔法は昨今の戦闘では、敵に致命傷を与えることは難しい


という理由があります。

1に関しては、くりゅたんの記事がよくわかると思いますが、
「立ち位置=生存率」という言葉が示しているように、生き残ってナンボの世界です。

敵の情報が捉えにくい=前に出ることで自分の生存率が確保できない
という危険性をはらんでいます。
どうせフラッグですぐ戻れる。と思ってる人は、そのロスをもう一度考え直して見るといいと思います。


2に関しては、属性鎧などの耐性装備やアイテムの普及により、魔法、特にSGやLoVのみで死ぬことは、昨今では非常にまれです。

SG・LoVのみで死ぬということは、
レベリング不足。ステの最適化ができていない。職的な問題。装備の問題。
このあたりのいずれかが解消できていないように思えます。
致命的なラグ。というのももちろんあるのですが・・・。

ということで、特に単発で前衛・中衛などを倒すことは、ほぼ不可能と見ていいと思います。

つまりどういうことかというと
前に出て魔法を浴びせることができたとしても、致命的なダメージを与えることは難しい。ということです。

損得勘定で、相手に何秒ロスを与えることができるが、自分は何秒ロスを得たか。という、引き算をしてプラスが得られれば前に出れるのでしょうが、
プラスになるタイミングで魔法を撃てるとしたら、EMC直後に打ち込んで後衛系が軒並み落とせたぐらい魔法を撃ち続けれるタイミングぐらいしかないと思う。

というぐらい、限定的な状況だと思います。
タイミングが皆無ではないのですが、相手のEMCタイミングを理解したり、その場所まで前に出るというのもなかなか難しいし、
打ち込み続けれる。というのも、相手の対応力が問われることです。

一概に低いレベル。というのは間違いなのですが
耐久力や対応力を低いことを前提に行動するのは、あまりいいことではないように思えます。

そんな感じの理由で、今のわたしの中での結論は「前に出ることはほぼない。」という答えになります。

ただ、勘違いしてはいけないのが、
理由1にある、情報が薄いから完全な受けになるのではなく、
その得れる情報から、受けにならずに魔法を打ち込むのがポイントだと思う。
意識するポイントは、空間制圧と魔法密度。この2点プラス整理すれば、
もちろん人員問題等はありますが、クリアできれば完全に受けに回ることはないと思います。

捕捉ですが、受け=待ち。攻め=前に。と決めつけるものではありません。
ニュアンス的には後手か先手か。という感じかな。
相手の中軸を打てればよいと思います。




そして、ここからがくりゅたんのブログにないような話になるのですが、
その質問でわたしが感じたのが、魔法に対する価値観の違いを感じました。

「魔法の役割とは何か。」という事なのですが

前に出る。という人は、魔法=倒すもの。という価値観を持っているのかもしれません

それが間違いか。と言えば、間違いではないと思いますが、
上にも書いたように、相手の装備力や対応力で、その「倒す」という行為が極めて高いハードルとなります。


では、私は魔法をどのように捉えているかというと
魔法=抑制力 と捕らえています。

どういうことかというと、
簡単に言えば、魔法というフィルターを使って足止めをし、足が止まった敵に対して、中距離火力で殲滅する。という考え方。
一人で倒すわけではなく、協調力のある使い方だと思っています。
言ってしまえば、空間制圧。という一言につながるのですがー。


どれが正解か。というのはないと思いますが、自分はこう捉えています。
上手く説明できてない気もしますが・・・。

posted by ひめくり at 11:58| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

11/22Gvれぽ

ざーっと。

しばらくしたらSNKがやってきてくれましたので、まずは左守護石防衛。

以前ここでした防衛のとき(vsDS連)のときもそうですが、当初の想定以上に粘れていました。
スタダではないとか、初見さんということで、圧倒的に地の利があるのが大きいのでしょうが
今回は正攻法でじりじり押されていきFin

対応についての課題もでてきたので、まだまだここの防衛もやっていけそう。


そしてバリケ戦。
テーマにしていた事も試せたし、今後のいい試金石になったのではないかと思います。

あとは欠席が減って、職構成に余裕ができるといいんだけど、無理ですよねー。


それにしても、SNKはあれで全軍じゃなかったのか。と思うと怖いものですね。
実質派兵してたのは何割ぐらいだったんでしょうかねー。

守護石の時点で、多分AZも天悪も両方のエンブがそこそこ見えたので全軍だと思ってたのですが、相手さんのレポを見る限り違ったようです。

あと、SNKさん側の動画を楽しみにしてたのに、更新されてなくて残念でした。ガッカリ>w<



ということでN1堅守となりました。
また来週もがんばりましょう ( ・ ω ・)ノシ
posted by ひめくり at 17:13| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

11/15Gvレポ

既にいまさら感もありますのでさらっと。

Euのお手伝いで臨時同盟。
N3取得がミッションであります。
作戦はノープランです。同盟組んで、共通IRCチャンネルがあるぐらい。
現場でEMCして、ここでやるよ。みたいな感じの現場対応でした。


・・・はっ!

EU(にくさんち)+しるさんち 肉汁さんち・・・?

ハンバーグが食べたくなりました。ゴメンナサイ


N3前に行くも、既に庭連は神器作成を終えているためやっぱり放棄。
このまま戦闘なく終わるのかと思ったのですが、
ME連が来ることになり、防衛続行。


ぽつぽつ抜けられるも、ガディ先輩の活躍により安定防衛。
とはいえ、入り口防衛は攻めるほうも守るほうも面白くないだろうという指揮の声で、入り口防衛を下げることに。

と、それは現場としてもうれしいことだったのですが、個人的に意外だったのが、
突破EMCの余地の大きい左側にラインを陣取ったということでした。
固いラインを作るだけなら右側でいいと思ったのですが、戦闘を面白くするためのスパイス?だったのかな?

真相はわかりませんが、その中にSNK連も共闘して混じることに。


両陣営、突破EMCばかり狙ってくるため、狙いを絞りやすかったってのはあると思いますが、
やはり距離が長いだけあって、監視の人も多くなり、縦長ラインに。
しかし本営のラインは危なげなく守っていました。

共闘で攻めにくいってのはあるのですが、その結果どちらもまとまりに欠けた感じ。
だからこそ、余計突破EMC1点にしか頼っていないイメージ。

SEで共闘して本気で落としたいなら、即興でも同盟を組んだ方がいいのでしょうかね。


と、そんな中
左守護石の方が突破EMCを決められ、下がって粘って、右修理して、
右に防衛をシフトして。という感じで両同盟撤退し、守りきりました。


今回はHiWizで出ているのですが、防衛も安定していたので終始前に出て暴れていました。
Evaの人に入り口で徹底マークされてたりしましたけど(ノ∀`*)

ば、バリケ戦闘になったらまじめにするつもりだったんだからね!


と、その後は団体行動を終えて、いつもの単体に戻り3砦を確保して終了。
反省点は色々でてきましたが、徐々にクリアしていきたいですね。


で。
そのあとにくりゅたんと個別に話したことが、個人として勉強になった気がします。

自分はこういうつもりでも言っていたとしても、他人に与える印象との違いとか、
実は無意識でもこういう心の動きがあったから、こういうことになったのか。とか
聞き手はそういう印象を逃さず感じ取ってしまう。

改めて脳内回想俯瞰をしてみて気づくことが色々ありました。
今の仕事とまったく共通したことを感じているため、思うところがより大きかったです。

難しいネ!
posted by ひめくり at 10:50| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

新パッチ。

新パッチが来ました。
感動はありません。
異世界クエストすらしていません。


気になることは、
・スキンオブシャドウの実装で、水耐性100%が実現可能になること。
・ヒドゥンスロットでDex等のオプションがつき、らくらく無詠唱コース

中でもやっぱり水100%が気になります。
対人が変わるのでしょうか。

思うところは色々あるのですが、とりあえずは静観を・・・。



あとはDローブにDex+3のオプションほしいね!無理だよね!
posted by ひめくり at 17:11| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月10日

11/8Gvレポ すけだちいたすwwwww

しるさんが外出のためわたしが指揮で。
今回の大きな目的はN共通砦の守護石と1バリケでの防衛練習。

城主が違うためN1はそのまま再利用できないので、開幕は偵察を飛ばしてベース待機。

ほどなくN1に決定し、ブレイクして再構築。
偵察を飛ばしている間にDSがくるーってことでガチンコ勝負。


危ないながらもしのいでしのいで守ってるうちに、後ろからME連が。
そしてどっと来る重力。

ME連とDSR連(ぽちめに連?)は共闘無しで争っていたけど、DSR連の方がぐだぐだをきらい先に転進し、
MEと守護石で対峙することに。

でもやっぱりDSR連が帰ってきてMEを挟撃する形に。
DSR連は入り口でMEとやりあっていましたが、しるさんち側は拠点を空けるわけにも行かず暇な展開へ。
多少遊撃PTを送るも、基本的にDSR連のみでMEを押していたように見えました。
この2連合がどれほどの人数差はわかりませんが、DSR連優勢の情報がこちらに上がっていました。


と、MEが撤退する形になり、再びDSR連とやりあうのですが
時間もだいぶ過ぎてしまったため、DSR連もすぐに撤退の流れに。


スーパー派遣タイムの前にN2の子猫連にMEが攻めてるらしく、
さっきの逆の流れでこっちが後ろを取って行こうと言う事で

「すけだちいたすwwwwww」

といいながら子猫の援護に回りました。

N2EMC後、マスターをB3に走らせていたので、ほんの少しの間でしたし、
MEも見切りをつけたようですので、N1の様子を見てB3EMCへ。

そして堅実にB3をとり、ワンチャンスにかけた前衛派遣は上手く行かずで2砦で終了。

もう少し冒険すれば、SEの空き家奪取とか面白いことはできたのかもしれませんけど
お留守番指揮を任されたというのもあったりで、どうしても安定志向にもって行きがちです。
それでなくても、わたしはあまり冒険をしない指揮のタイプなので、
防衛練習目的だったのもあって受身になっていたため、面白みはあまりなかったかもしれません。

すけだちいたすwwwwwはいいねたになったかな?かな?

この件に関しては、子猫側が喜んでくれたようでよかったです。
こっちとしても、うちら楽しんでたのにKYだー。といわれてもしかないことになりかねないので
そこだけが気になっていましたがー。



▽ 防衛雑感
N共通の防衛に関しては、横槍があったものの、基本守護石で完封ができました。

防衛位置が初見(攻め側から見て)というのもあって、攻めあぐねていたのもあるので
2回目以降は上手く行くとも限りませんが。

正直、守護石のほうでここまで守れるとは思っていなかったため、
体験的には予想以上の収穫だったのかと思います。
あと、もう少し地形利用をした防衛が展開できるとよりよい気がしました。


が、今回の作戦の本領発揮(?)は1バリケだったので、また次回以降にお預けかな。


と言っても、次回も城主Gを使わない流れだと思うので、開幕に来られても相手ができませんよ。


SE砦評価のほうは何とかしないとc⌒っ-ω-)っ
そっちにまで手を出す余裕がないc⌒っ-ω-)っ

posted by ひめくり at 01:56| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月02日

失格?

正直、何が悪いのかよくわからないです。

発言や表現ってのは、受け取り手がすべてだと思う。

いかに発言側が私はこう思って言った。と言い張っても、
受け取った側がその違う意味でボールを受け取った場合、話のキャッチボールが行われていないことに。

特に、チャットという肉声の感じ取りにくい無機質な世界であるため、誤解は多々あるでしょう。


そして、受け取ったがわがそう取ったからこそ、レポに書いた。
攻撃されてから言っていたなら、挑発と受け取っても無理はないでしょう。
書き手としても状況からそう感じ、書いたのではないかと。


しかし、それが事実と異なっていた。
見落としていたのは書き手の落ち度であると思いますが、

そこになぜ社会人失格とまで言わしめるものがあったのでしょうか。


事実と異なっていたから?

異なっていただけなら、それは事実と違うんで訂正してもらえますか?という要請だけでも十分な気がする。
もちろん、事の大きさによっては謝罪の有無も発生することは理解できます。
その「事」にはお互いの価値観には差があるため、
謝るほどでもないだろうと思う人もいれば、謝るべきだと思う人もいるでしょう。


しかし、さらに社会人失格と言わしめる原因はいったい何があったのでしょうか。


書き手としての責任は、謝罪したこと、文章を消さずに訂正をしたこと。
これで果たしているように思えます。

政治家のように「以前の発言は撤回します」と勝手に白紙に戻したり、
文章や記事を消してそれで終わり。というようににするよりは、
その発言を残しつつ訂正することで、よほど責任を感じ、背負い込んでいるように思えて、氏の誠意を感じます。

そこに氏の無責任さは感じませんでした。


ただ思うのは、人に社会人失格の烙印を押せるほど、
自分はできた人間か?と思うと
私は人に失格だと言えるほど、自分はできた人間ではないと思う。

たとえ自分がどんなに人生経験が豊富な人間であろうとも、他人に失格を言い渡すとき、果たして自分はそれほどの人間か。
そして、失格の烙印を押した人間に対して、その人のその後の人生を左右しかねない発言を言えるだろうか。

そう考えると、私は仮想のことであったとしても、言えませんでした。
軽々しく言えるような、冗談交じりでの場でもないし、
とてつもなく重い一言だから。



氏とは、深い付き合いではないものの、先日話した方ですし、気になった次第であります。
事情を理解していない分、見当違いなことを言ってるかもしれませんが、
第3者として率直にわたしが感じたことです。


そして、この1週間ほどブログをチェックしていないことがばればれな記事でした。

posted by ひめくり at 15:05| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

JR連打

JRならしかたない・・・。

ぐぅc⌒っ-ω-)っ
posted by ひめくり at 01:02| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月01日

バニラとチョコミント

A:アイスの正統はバニラだろう。

B:わたしはチョコミント好きだよ?


Bの方はバニラを否定していません。



▽ ところで

SEの砦考察みたいなのを作るに当たって、
世間一般ではValfreyaはAなのかな。Fなのかな。

どっちでもいいっちゃいいんだろうけど、SesではAなのかな?
わたしの中ではAだったんだけど。


ともかく、今週がちょっとハードです。c⌒っ-ω-)っ
posted by ひめくり at 19:37| Comment(0) | ひめくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。